記憶に残る名刺作り/デザイン、書体

名刺を作る際には、レイアウトや紙質、色彩や文字などを考えなければなりません。
会社や個人のイメージを名刺で印象づけるには、様々なポイントがあります。
名刺は横型、縦型とどちらも一般的です。
しかし、メールアドレスを記載することが当たり前になった現在では横型を選ぶ人が多いです。
相手に渡す際にも横型の方が様になりやすいことも要因です。
色を使ったりや絵を加えたデザインで、遊び心のあるイメージを与えることになります。
また伝統的な書体で堅実さをアピールすることになります。
小さな紙にすぎませんが、その限られたスペースで、氏名、会社名、役職、メールアドレスなど重要な要素ばかり含んでいます。
相手との初めのコミュニケーション手段なので、手を抜かずに作製する必要があります。
どの組織に属し、何の仕事をしているかが一番重要な箇所ですから、目を引きやすいようにします。
色彩やイラストなどのデザインばかり目立つものよりも、相手がこの名刺を探す時にどこを見たくて探すかを考えると良いです。